2/7放送 今回の関ジャムは神回!メンバーに泣いたぞ!うわぁ~ん!

気になるシリーズ

こんにちは つみきちゃんです。

テレビ朝日 毎週日曜 11:00~放送※一部地域を除く
関ジャニ∞出演の人気番組「関ジャム 完全燃SHOW」

今回の放送は
関ジャニ∞レコーディング裏側”270日の記録”


出典:TV朝日 画面キャプチャ

スポンサーリンク

今回は、新曲「キミトミタイセカイ」のレコーディング風景に徹底密着!
5人にとって新たなチャレンジとなるこのナンバーに
それぞれがどう向き合うのか
赤裸々なその姿を追うというもの


出典:TV朝日 画面キャプチャ

見ましたよ~!見ました!もうね、感動です!
分からないけど、泣いちゃいました!
感動で、胸が熱くなっちゃって涙があふれちゃいました!

今回は失礼して画面キャプチャ多様させていただき
番組をリスペクトさせていただきます。

以前番組で共演したボイストレーナー安倉さやか先生のところへ
メンバーそれぞれが自主的に通い、レッスンを開始ししていた
村上君だけはスケジュールが合わなかったのか
ボイストレーニングには行っていなかったそう

関ジャニは5人体制となり、ボーカルは今までとは違った音域に変化したそう
そして新曲「キミトミタイセカイ」は5人にとって
チェレンジ曲となる

大倉君は以前の関ジャニだったら歌えなかった曲だと思うと言っている。

出典:TV朝日 画面キャプチャ

それぞれに、それぞれの問題点と悩みがある
それぞれがチャレンジ

そんなチャレンジとなる課題に真剣に向き合う関ジャニ
毎日毎日毎日の練習、そんな270日間だった

ボイストレーナー安倉さやか先生と
ゴスペラーズ、北山陽一さんと共に
ボイトレ特別編を送る

レコーディングスタジオには

さやか先生と、新曲の作詞作曲を手掛けた
KENJI03さんがスタンバイ


出典:TV朝日 画面キャプチャ

大倉君のチェレンジ!

大倉君は音域が低めなので、今までは下ハモを担当していたが
今回は初めてサビのすごく高いところ、
トップラインを一人で歌うことを任された

なかなか高音が出ない、KENJI03さんのアドバイスで
ファルセットを使うことに、
しかしこのファルセットのコントロールが
出来ずに苦労する
トレーニングを積むことで力強いファルセットを出せていることを
イケるねと褒められていた


出典:TV朝日 画面キャプチャ

とにかく何度も何度も、練習練習、
北山氏は、自分も同じように高いところは歌ったことが無かった
だからこそ、その苦労が痛いほどわかる
どんなに難しい事なのかも分かる、
何にぶつかって、
どこに課題があるのかも何となく想像がつく
それなのに、1年でここまで来たんですかっていうことに衝撃を受けたと

出典:TV朝日 画面キャプチャ

こんなに変われるもんなのかと思ったと
大倉君は今まで間違えて歌ってきた
まだ使いこなせていない、まだまだだと答える

出典:TV朝日 画面キャプチャ

大倉君はずっとずっと努力して、諦めないで
自分を信じてやり続けてホント良かった
これからどんどんコントロールできるようになって
大人のみんなを見てみたい

スポンサーリンク

ヤス君のチャレンジ


出典:TV朝日 画面キャプチャ

今までのメインボーカルとして活躍してきて
安定的なイメージがある安田君に予期せぬ問題とは

音程もリズムも問題ないようだが
音色が明るい、軽く聞こえてしまう、そこが問題

北山氏はこう解説

今まで与えられてきた役割を
ちゃんと音にするための歌唱法ではダメと言われたわけです
いきなり全否定なんですよ、


出典:TV朝日 画面キャプチャ

しかし安田さんはそれを受け止めた、そして
ポジティブな姿勢でレコーディングに向かい続け、
当日にはちゃんと仕上げてきた


出典:TV朝日 画面キャプチャ

普通に見えるかもしれないけど、
これは普通にできる事ではないんですよ


出典:TV朝日 画面キャプチャ

ヤス君は自分の声質が軽い、これは直したいポイントだった
でも直し方を知らないし、
どうしたらいいのか分からなかったと言っている

でも今回こうやってレッスンさせてもらったことで、
こういう歌い方もある、

こうするとこんな風になるんだ、
あれ、楽に声が変わるななどと感じたそうです

それを聞いていた北山氏は、
あれが出来たって事は、ひとつ引き出しを開けられた
次の引き出しもあるなと。

そしてもっと他にも引き出しがあるなと自分で気づいたんだと思う
そこが面白くなると、自分でいっぱい開けたくなってくるはずだから
もうこれは楽しみでしかないと


出典:TV朝日 画面キャプチャ

安定のヤス君だと思っていたら自分なりにウィークポイントだと
思っていたんですね
今回のレッスンで、開眼!もっと色んな歌を聞かせてほしい

スポンサーリンク

まるちゃんのチャレンジ

まるちゃんもヤス君同様に高い音域もこなし、
メインボーカルを担うことも多かった


出典:TV朝日 画面キャプチャ

しかし今回は別のところに課題が発覚
サビが通常のテンポではなく、

ちょっと毛を1本リズムをずらしたりしないと
カッコ良いノリにならない!!と さやか先生

歌唱はズレてもリズムはズレないという練習を
ずっとずっとずっとやっていた

プリプロでは1発目でOKが出たが、
大蔵君のテイクを聞いて大倉君の声や歌詞の世界観に合わせる

細かいニュアンスを修正していく
当日は20テイク以上も重ね、とうとう切なくセクシーに歌い上げた

出典:TV朝日 画面キャプチャ

北山氏の解説

リズムを取りながらじゃないと歌えなかった人が
あの曲をこんな風に普通にブースで歌えてるのは
ものすごい事

まるちゃんやっぱりうまいよね、そんな中
細かいホント細かいところや自分の曲への思いがあふれてる
出来る人だから
まとめ上げていくだろうなぁ

まだまだ続くので今日はここまで
次回は村上君と横山君にせまるよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました