島唄ミュージシャン中孝介【あたり こうすけ】はどんな人?

気になるシリーズ

島唄の歌い手、奄美大島出身のミュージシャン

中 孝介【あたり こうすけ】さんが話題!

島出身VS都会出身『踊る!さんま御殿‼』に初登場

トークではお茶目な一面も?

どんな人なのか気になります!

【あたり こうすけ】中孝介 Wiki風


産経ニュース

中 孝介   あたり こうすけ
生年月日  1980年7月13日(41歳)
出身地     鹿児島県名瀬市
学歴          琉球大学卒業
活動期間    1999年 –
中さんがゴールデンタイムに出演され
さんまさんに、中さんの知られていなかった一面を
引き出されてしまいそうですね。
 
 
高校生の頃からおなじ島唄の歌い手として親交のある
元ちとせさんには「ハズレ孝介」と言われている事を
バラされてしまいました。
 
 
そして結婚については、調べましたが情報が無かったので
独身かと思います。
 

【あたり こうすけ】中孝介  きょうだいは?

 

お姉さんが一人いて、高校生になる甥っ子さんがいます
中さんのブログで紹介されていました。

その他に家族について情報は見つかりませんでした。

 

スポンサーリンク

 

【あたり こうすけ】中孝介 島唄きっかけ

奄美大島で育った中さんが高校生の時にシマ唄と出会っっています。
シマ唄に出会う以前は普通にミスターチルドレンなどの
J-POPが好きだったそうです。

 

たまたま行ったコンサートで同年代の元ちとせさんが歌う
島唄を聞いて元さんが奄美の文化を継承して表現者として
人々に感動を与えている事に衝撃を受け

 

自分も人を感動させられる歌い手になりたと思ったことが
きっかけでした。

 

それから島唄にすっかり魅了され、テープやCDを聴いて
その独特の歌いまわしをマネることから始め
若い人の島唄を聴いて練習していましたが、

 

お年寄りの島唄には若い人の歌う島唄とはまた違った
哀愁やソウルフルな歌いまわしが出来ていて感動し、

 

自分もそんなふうに唄ってみたいと
島のお年寄りを訪ねて回り歌を教えてもらったそうです。
そして島唄のスピリッツでPOPSを歌うようになりました。

【あたり こうすけ】中孝介 『花』

代表作『花』は2007年に発表されロングヒットとなっています。

 

スポンサーリンク

 

【あたり こうすけ】中孝介 『夏目友人帳』

アニメ『夏目友人帳』が人気でしたが
中さんの『夏夕空』がエンディングテーマに選ばれています。

この透き通るような声とさやしい歌いまわしがとても印象的な曲でした。

 

アニメの主題歌は他にも
『BLEACH』エンディングテーマに『種をまく日々』

『源氏物語千年紀 Genji』エンディングテーマに『恋』

その他CMや映画でも中さんの曲が選ばれています。

 

【あたり こうすけ】中孝介  アジアで活躍

 

中さんは日本だけではなく、アジアの国々でも高い評価を受けています。
台湾・香港・中国語圏に展開され、とても人気が出ました。

「奄美大島は昔から台湾や中国と交流があります。そういう歴史が自分のDNAの中にもあり、それがシマ唄のスピリットと共に歌声に表れ、彼らの心に届いたのかもしれません。」

 

【あたり こうすけ】中孝介  肉体派?

調べてみると中さんはジムやスイミングで体を鍛え
ボディービルダーのように筋肉がついていました。

 

現在は少し、落ち着いているように見えますが
今でも鍛えているそうです。

中学高校ではバレー部だったそうです。
トレーニングとして泳ぐときはバタフライで泳ぐと
語っている事から、きっと水泳は4種目全て泳げるんだと思います。

 

4種目の中でも上半身の筋肉に効くのはバタフライなので
あえてクロールではなくバタフライで勝負してるんですね

 

スポンサーリンク

 

【あたり こうすけ】中孝介  料理が得意?

中さんはよく自炊をするそうですが、
料理が得意そうです。

今年はこのシャープのホットクックで沢山のメニューを試している様子で
お気に入りの調理器具なんだそうです。

 

中さんのパーソナルな部分が番組で紹介されるようなので
どんな一面を持っているのか楽しみにしたいと思います。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました