TBS日曜劇場「DCU」がなぜ海外大手制作会社と組めた?経緯は?

気になるシリーズ

2022年1月よりTBS日曜劇場で「DCU」
(Deep Crime Unit)
が始まる

日本初の試みで、海外大手制作会社とTBSが組んで
番組を制作(KI)

海外の制作会社と組めるなんて
ようやく日本にもそんな動きが始まったのかと
嬉しく思いました。

 

しかし、そもそもどうしてそうなったのか不思議に
思ったので素人なりに調べてみました。

 

「DCU」ってどんなドラマ?

設定

水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団DCU(Deep Crime Unit、潜水特殊捜査隊)が、
警察の捜査では困難なあらゆる水中に潜り、隠された証拠を探し「水中未解決事件」を解決する活躍を描くミステリー。

出演者 阿部寛


出典:TBS

DCUの隊長・新名正義(にいな・まさよし)
新名はルールを無視してでも必ず真実を突き詰めるまで諦めない男
「海を汚されること」と「真実が解明されないこと」は許せない
その他詳しい設定は現時点未公表

出演者 横浜流星


出典:TBS

DCU隊長の新名(阿部)とバディを組む隊員ダイバー
瀬能陽生(せのう・はるき)

ダイバーとしての能力がDCUの中でも群を抜く存在。
それが強い自信となってチームを引っ張る原動力になることもあれば、
一人で突っ走って行き過ぎた行動を引き起こし、
逆にチームに迷惑をかけることもある。

幼いころ、家族旅行中に海難事故に巻き込まれ、
両親を亡くし自身は新名に助けられたという過去を持つ。

ダイビングのライセンスを持っていなかった横浜流星さん
この撮影のためにライセンスを取得し、撮影に挑みます。


出典:TBS

スポンサーリンク

「DCU」 概要

DCUが“水”にまつわる事件に遭遇して人の命と尊さを厳粛に扱う一方で、彼らの人間模様をしっかりと描いていくこともこのドラマの魅力である。個性豊かなメンバーたちの人間ドラマを中心に描きながら、さまざまな水中事件や救助、外部からの侵入対策など難事件に立ち向かい、「水中」にある謎や事件をスピード感と爽快感をもって解明していく。
新たなジャンル“ウォーターミステリー”である。

本作は海上保安庁の全面協力のもとで撮影が行われ、実際の巡視船や防災基地などでの撮影も予定しており、水のプロである彼らの監修でリアリティと迫力がこのドラマに加わる!

ハリウッドなどで製作活動を行っているケシェット・インターナショナルと、カナダを中心にコンテンツ製作を行っているファセット4メディアとTBSテレビの共同制作で描かれる

 

アイラン・ウルマーとサミュエル・ゴールドバーグが
脚本と制作を担当する60分×10本のシリーズとなる。

 

協力       :海上保安庁
プロデューサー  :伊與田英徳、関川友理
共同制作             :ケシェット・インターナショナル、ファセット4メディア
共同プロデューサー :
Ilan Ulmer、Samuel Goldberg、(ケシェット・インターナショナル)Atar Dekel、
ファセット4メディア)Anna・Sue Greenberg、Stephen・Greenberg
製作著作             :TBS

「DCU」 なぜ海外企業と共同制作に?経緯は?

日本のドラマが海外の制作会社と組んで制作するとは
今まで記憶にないのですが・・・

 

記事にも「初めての試み」とあったので、TBSのみならず
他の局も今回のような契約は無かったのか?

海外大手制作会社とは?

ケシェット・インターナショナル(KI)

イスラエルに本拠地を置き、世界各国の放送局とも
共同制作・制作を行っており、世界的なコンテンツ制作・配給の大手である

イスラエルのテレビ局「Keshet12」をグループに持つ
総合メディア会社。

テレビドラマ、バラエティ、ドキュメンタリーや
教育番組などの制作、放送、海外への販売を行っている。

 

Keshet社制作の「HOMELAND(ホームランド)」は、
大ヒットし、エミー賞やゴールデングローブ賞などを受賞した。

 

TBSは2019年にKIと提携契約をしていました。
テレビ代表取締役社長:佐々木卓とKI CEO:Alon Shtruzman

https://www.screens-lab.jp

佐々木卓コメント
「ドラマ制作のクオリティが高く、世界各国への抜群の配給力を持っておられる Keshet Internationalとの共同開発で、TBS テレビの制作者が制作するクオリティの高いドラマを世界に発信し、海外の皆さんにも楽しんでいただけることにとても期待しています。今後もKeshet International との良い関係をさらに発展させていきたいと考えています。」

 

Alon Shtruzmanコメント
「この度のプロジェクトでTBS テレビとご一緒できることを光栄に思います。テレビ分野において、長期的な展望と革新的なプロダクションモデルを勇敢に探求する TBS の経営手腕と、そのクリエイティブな経営方針に大変感銘を受けております。日本の才能とのコラボレーションを楽しみにしていますし、これまで舞台や映画を通じて培ってこられた表現力のすばらしさの一端に関わることができることを嬉しく思います。」

 

今回の契約は、TBSが先月行った韓国の大手エンターテイメント企業CJ ENMとの共同制作契約に続くもので、両社は日本と韓国だけでなく、世界市場をターゲットにしたドラマ、バラエティ、映画などのコンテンツを開発・制作していくことになります。

 

日本は韓国とも契約していたのは知りませんでした。

調べたところ、読売テレビもKIと契約が完了していました。
なるほど、既に数年前から日本も動き出していたんですね

これまで実績は聞かないけど・・・?

ケシェット・インターナショナル(KI)は、株式会社東京放送(TBS)との革新的な契約を完了しました。(これにより、ケシェ・インターナショナルは、日本で初めてオリジナルの脚本作品を制作することになります。

それで今回のDCUが初めての制作って事になるのか

ファセット4メディア

カナダ ケベック州ウエストマウントに拠点を置く
置くテレビ制作・配給・金融会社であるFacet4 Media

 

ここの会社もすごい所だった 😯 

 

世界中で視聴されている50本以上のテレビ映画、
ドラマシリーズ、ドキュメンタリーを制作、
製作総指揮、開発してきた長年の経験を誇ります。

 

国際的な魅力を持つプロジェクトの制作、開発、
パッケージ化に注力するFacet4は、
高品質な番組を世界市場に提供しています。

 

スティーブングリーンバーグは、カナダのエンターテインメント業界で最も尊敬されているエグゼクティブの1人です。スティーブンは、カナダ、米国、ヨーロッパのすべての主要なスタジオ、制作会社、放送局でキャリアを積み、世界中の同僚から誰もが認める評判と称賛を得ています。
長年にわたってすべての主要な米国のスタジオ(ディズニー、ドリームワークスSKG、ワーナーブラザース、コロンビア、パラマウント、MGM、20世紀フォックス等)との長期的な戦略的パートナーシップの確立に注力しています。

 

まさしく大手なんですね、なんだかすごいなぁ~

ケシェットとファセット4は2015年に共同開発契約を締結。

タッグを組んだってことなのね
ふむふむ、なるほどだから今回この2社で動くことになったんですね

スポンサーリンク

DCU 共同制作にあたって各社コメント

 

KIのCEOであるAlon Shtruzmanは、「日本で初めてこの種の脚本契約を結ぶことができ、大変嬉しく思っています。TBSがFacet4 Mediaとともに、このような革新的な方法で制作できることを大変光栄に思います。今回の契約は、単なるライセンス契約ではなく、長期的かつ相互に有益な関係の始まりとなることを期待しています」と述べています。
 
 
Facet4 Mediaのアンナ・スー・グリーンバーグ氏は、「TBSとKIとの共同作業は、国際共同制作という言葉に真の意味を与えてくれました。日本は、伝統と文化に深く根ざした世界の魅力的な地域であり、このシリーズの魅力的な背景となるでしょう。私たちは、このドラマを世界中の市場にお届けするチームの一員になれることを嬉しく思います」と述べています。
 
 
TBSの佐々木隆社長は、「今回のコラボレーションは、まさに画期的なものです。TBSは、高品質な制作と国際的な配給のノウハウで定評のあるKIと、優れたドラマや映画の開発実績を持つFacet4と手を組めることを嬉しく思います。

 

今回の契約は、アメリカでの活動経歴を持つ脚本家の青柳裕美子氏が仲介。

スポンサーリンク

DCUが海外制作会社と共同制作 まとめ

ドラマ「DCU」が海外制作会社ケシェットインターナショナルと
ファセット4メディアと共同制作を日本初で試みます

一視聴者として、うれしい新しい流れと思いました。

 

世界規模で起業展開している制作会社ケシェットインターナショナルと
TBSは既に2019年に契約していて

 

ケシェットは2015年にファセット4メディアと共同制作契約締結
この2社が今回TBSと組んでドラマ「DCU」を作ります。

 

打ち合わせや現場にも英語が飛び交うのかもしれませんね
3社それぞれが成功させようと思っているだろうし
この実績が今後3社にとって良い糧となる事は確かですね

 

実は日本のドラマよりアメリカやイギリス・フランスの
ドラマをよく見ているので
「DCU」の脚本がどんなものになってきて
どんな作品に仕上がっていくのか今からとても楽しみです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました