陸上 田中希実の幼少期、性格や子供時代の練習やルーティーンは何?

田中希実 陸上 オリンピック 代表 幼少期 子供時代 性格 家族 両親 きっかけ1 スポーツ

陸上 中距離で東京オリンピック代表が決まっている

田中希実選手、メキメキ頭角を現したその幼少期が気になる

子供時代はどんな子だった?陸上に目覚めたのはいつ?

子供時代の練習方法は?性格やルーティーンは?

モチベーションはどうだったの?

気になって深堀してみました。

スポンサーリンク

田中希実 プロフィール 両親

田中希実 陸上 オリンピック 代表 幼少期 子供時代 性格 家族 両親 きっかけ2
出典:同志社大学

田中希実(たなか・のぞみ)
陸上中長距離
生年月日:1999年9月4日
出身地:兵庫県小野市
身長/体重:153センチ/41キロ
出身校:小野南中(兵庫)→西脇工高(兵庫)
所属:豊田自動織機TC(同志社大学在学中)
オリンピックの経験:なし

2020東京オリンピックでは 5000mに
代表確定している

 

20年は1500メートル、3000メートルで日本新記録。
父健智さんがコーチを務める。
母千洋さんは北海道マラソンで2度優勝。

 

妹 田中希空(のあ、16歳)兵庫・西脇工高
姉と同じ中距離

田中希実 幼少期、子どもの頃は?

田中希実 陸上 オリンピック 代表 幼少期 子供時代 性格 家族 両親 きっかけ4
出典:Audee

 

両親がマラソンランナーとして活躍していた事もあり、
育ってきた環境に当たり前に陸上競技が身近にあり。

幼少期から「走ること」は生活の一部だった

 

3歳頃より父や母と一緒に、市川や浜坂など県内で
開かれる親子マラソンに参加するようになったとか

その頃は走ることに対して好きとか嫌いといった
事を考えたことも無かったそう。

 

日常としてごく自然な事だったんですね

「妻の練習のために夏休みは(長野・岐阜県境の)御嶽山で
高地トレーニングしていました。その時、彼女(田中)は
自由に走り回り、毎年山登りもして、心肺機能は自然と
強化できました」と幼少期を振り返る

 

なるほど、これも希実さんの為の行動ではなく
お母さんのアスリートとしての練習に家族で

 

くっついていった、多分ご本人には楽しい家族旅行の
一つだったのでしょう、気持ちいい御嶽山の自然の中で

 

遊びまわって、自然と心肺機能が強化されたなんて
ご両親も、考えていた事ではないでしょうね

田中希実 陸上 オリンピック 代表 幼少期 子供時代 性格 家族 両親 きっかけ5

小学生の時は100メートル20秒
決して速かったわけではないそうです。
短距離は苦手種目だったようですね。

 

幼少期から読書が好きで、「大草原の小さな家」や
「赤毛のアン」シリーズなどの児童書を愛読していたそう。

 

「家で早く読みたい」と小学校から自宅までの
約2・5キロを毎日、全力疾走。
自然と、走力が磨かれたそうです。

 

小学生になってからもロードレースなどに出場し、
少しずつ速くなっていくうちに陸上競技にはまっていったそうです。

 

最初からトップアスリートを目指していたわけではなく
遊びや趣味、あるいは大会を主催するご両親の

 

お手伝いの延長線上で、あくまでも楽しんで
走るという感覚だったそう。

 

希実さんは記憶にも残らないときから、
いろんな大会に足を運んで楽しい日々を過ごした。

 

とにかく楽しんで走る。それがすべて

 

そして学校の勉強に関しては苦手なことに背を向けない。
宿題も、分かるまで人に教わろうとしなかったそうです

 

こんなところからも負けず嫌いな性格が垣間見えますね。
そして、何事も、取り組む姿勢がある、諦めない
粘り強さも感じます。

スポンサーリンク

田中希実 競技へのきっかけ

 

小学生の間は楽しんで走る。それがすべてだったようなので
疲れたら両親に抱っこしてもらったりとかもあったそうです。

 

それが小学校6年生のときにお母さんの
『ゴールドコーストマラソン』(オーストラリア)に
参加した時について行って希実さんも参加した、

 

児童向けレース、ジュニアダッシュ4kmの部で1等賞。
国内では優勝できるかできないかぐらいの実力になっていたが、
海外で通用するとは思っていなかったそう。

 

そこで「もっと強くなりたい速くなりたいと考えるようになりました」

 

美しい海岸線での快走の記憶、成功体験や高揚感、楽しかった思い出が
旺盛な向上心の源にあるようです。

田中希実 陸上 オリンピック 代表 幼少期 子供時代 性格 家族 両親 きっかけ7
出典:blog

 

幼少期より他の子よりも海外に興味を持っていたというのは
他にもお母さんのホノルルマラソンについていったりして、
その姿をみているので、希実さん自身も、

 

海外で戦える選手になりたいという夢を挙げています

スポンサーリンク

田中希実 性格は?

 

「マイペース」だそうです。

体調や気持ちの波があまりなく、タイムに表れるほどの
調子の狂いがないことです。オフの日も休みすぎず、

練習中も根を詰めすぎず、自分で無意識のうちに
コントロールしているのだと思います。

競技前のルーティンなどはなく、
昨年12月の日本陸上競技選手権大会でも

ウオーミングアップ前に本を読んだりと、
その時々にやりたいことをやっています。

 

コーチであるお父さんとは、練習についてぶつかることも
多いのだとか、

二人とも怒りの沸点が低いので、言い合いもしょっちゅう

はたから見ると、まるでケンカしてるかのように
見えてしまうらしいですが

 

ケンカと言うより、意見の相違?お互いに思いを
ぶつける、そこは親子なので、遠慮がないですから

 

激しく言い合ってるのを見ると、ケンカだ・・・と
思われてしまうのかもしれないです。

田中希実 陸上 オリンピック 代表 幼少期 子供時代 性格 家族 両親 きっかけ6
出典:スポニチ

1,500mのときは、ホテルにスパイクを忘れてしまって、
父がギリギリで持ってきてくれたんです。あのときは、
間に合うかどうかを心配していて、かなりストレスになっていましたね。
それで、逆に開き直れたという部分もあったんですが」
精神的なタフさを見せた田中。

ホテルに大事なスパイクを忘れてしまうとは、
ちょっとおっちょこちょいな一面もあるんですね

 

しかし、逆に「開き直れた」というマインドは
本当に強いなと思ってしまいます。

 

そして何より、負けず嫌いの性格だそうです。
アスリートには必要な要素かと思います。

田中希実 あとがき

 

田中希実さんは両親が共にトップアスリート
幼少の頃より日常に「走る」ということがあった

 

両親の試合や合宿についていくことで、
自然と心肺機能も高まった

 

読書が好きで早く読みたい一心から
小学校の2.5㌔の道のりを毎日全力疾走していた

 

勝ちたいと思うようになったのは6年生の時の
オーストラリアで児童向けレースで優勝したこと

 

性格はマイペース、負けず嫌い、諦めない、
度胸の良さなどが感じられました。

 

彼女が望んでいることはシンプルそのもの。

「世界で戦える選手になること」

インタビューで答えていた通り、

「精いっぱい今ある力を出し尽くす」

頑張ってほしいですね

田中希実選手を引き続き注目していきたいと思います。

関連記事
陸上のイケメン飯塚翔太 人柄や性格は?子供時代や教育方針はどうだった?
近鉄フィフィタ身長・体重・胸囲・体脂肪 ガリガリから屈強な身体へ
【和製コルビ】石田吉平 身長は?脚力が生み出すステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました