五十嵐カノア 5か国語話す努力家で秀才!15歳で飛び級し高校卒業

五十嵐カノア 秀才 5か国語 トライリンガル 飛び級 卒業1 スポーツ

サーフィンで大注目されている、アメリカ在住の

五十嵐カノア選手(23)

カノア選手は幼少よりサーフィンで輝かしい成績をおさめて

きましたが、学業においてもすごかった!

5か国語を身に着け、15歳で飛び級し高校卒業してた!

すごいなカノア選手、気になったのでリサーチしました。

 

スポンサーリンク

 

五十嵐カノア 経歴

 

五十嵐カノア 秀才 5か国語 トライリンガル 飛び級 卒業1
出典:THE SURF NEWS

五十嵐カノア Kanoa Igarashi
1997年10月1日(24)2021
180㎝ 77㌔(2021)
アメリカ・カリフォルニア生まれ
オレンジカウンティ育ち
両親は日本人
父は元プロサーファー・トレーナーの五十嵐勉さん
母も元プロサーファー 五十嵐美佐子さん
弟 キヌア・イガラシ

●3歳よりサーフィンを始める、その日から
いきなり立てるほどのバランス

●6歳 初めてサーフィン大会に出場し初優勝

●2007年アマチュアUSAコーチからスカウト、
推薦で最年少9歳、USAサーフTEAMに入る

●2009年それまでのNSSA年間最多優勝回数20勝を
さらに上回る30勝し、記録更新

●2010年12歳 NSSA全米ナショナルチャンピオン獲得

●2011年2月スポンサークイックシルバーと契約
「ボルコム世界選手権」ボーイズクラス世界チャンピオン

●2012年13歳 ASPプロジュニア(U-21)
「DNAエナジープロ」ASP(WSL) 初優勝
リップカール「グロムサーチ」でUー16とUー14で
ダブル優勝
リップカール「グロムサーチ」
全米ナショナルチャンピオンシップで優勝

●2012年14歳 USA Championship U-18で優勝。最年少記録

●2014年10月 ASP「Shoe City Pro 2014」優勝

●2015年WSL「ハーレー・オーストラリアン・オープン」
プロ・ジュニア優勝
ポルトガル・サンディエゴ・メキシコ・
バージニア・ブラジル等数々の大会で優勝

●2016年WSLワールドチャンピオンシップツアー
年間最終ランキング 20位。

●2017年「VANS US OPEN of SURFING 2017」優勝

●2018年 国籍を日本に変更
ISA World Surfing Games 準優勝
「VANS US OPEN of SURFING 2018」優勝
WCT3年目にしてQSランク1位CTランク10位となる
WSL Qualifying Series 3000 – Pro Santa Cruz 2018 優勝

●2019年 WSL CT#3 – Corona Bali Protected 優勝

●2021年 東京オリンピック出場銀メダル獲得

 

輝かしい経歴です。幼少期からの並々ならぬ努力と
家族、関係者のサポートがあり、築き上げてきた実績なのでしょう

 

スポンサーリンク

 

五十嵐カノア 5か国語を話せるのは何故?

 

五十嵐カノア 秀才 5か国語 トライリンガル 飛び級 卒業1
出典:Forbes JAPAN

カノア選手は、
日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語の
5か国語を話す。

 

カノア選手は家では日本語で話し、外では英語を使う。

カノア選手がサーフィンで活躍し始めると、
各国各地の大会に出場することになる、そんな中で仲間や友人から

言葉を教えてもらうのだとか。そして自然と習得していった
という事らしいです。

 

カノア選手曰く、5か国語の中で一番難しいのは
日本語とのこと、これってよく聞く話ですね

 

日本語ってつくづく独特何なんですね

 

五十嵐カノア 飛び級で高校を卒業

 

そんなすごいサーフィンの実績と5か国語を話すトリリンガル
である五十嵐カノア選手は

サーフィンだけが出来ればいいというものではなく、
サーフィンには頭脳も必要、というご両親の方針に
努力で応え、しっかりと勉学も怠らなかった。

 

15歳で飛び級制度を利用し、高校を卒業しました。
サーフィンの試合や練習を考えての事だと思いますが

 

ご両親の葛藤もあったんだろうと推察できます。
その年齢でしか経験できない学生生活、サーフィン以外の

 

友人関係や学生特有のイベント体験も全てを捨てるわけですからね
あるインタビューでも父親の勉さんが話していました

「沢山の犠牲を払ってきた」この犠牲の中には
そんな学生生活も入っているように思えました。

 

カノアさん自身はサーフィン選ぶことに迷いはなかったと
思います

五十嵐カノア 秀才 5か国語 トライリンガル 飛び級 卒業4
出典:FRIDAYデジタル

 

スポンサーリンク

 

五十嵐カノア 5か国語・飛び級についてまとめ

 

オリンピックでは銀メダル獲得!感動を受けた人が多く
ネットでは、称賛の嵐でした。

 

五十嵐カノア選手は、各国各地で多くの大会に出場するため
自然と5か国語を身に着けることが出来た

 

ご両親の文武両道の教育方針のもと、決して勉学を怠らず
15歳の時に飛び級制度に合格して、高校卒業を果たしていました。

 

努力の人であることがうかがえますね。
今後の活躍も楽しみです。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました