【和製コルビ】石田吉平 身長は?脚力が生み出すステップ

和製コルビ明治石田吉平 身長ステップ嵐愛 スポーツ

すごいステップで敵を翻弄する

明治大学の石田吉平まるで

「和製コルビ」と称されている、意外な素顔は

「嵐」が好きで、曲をいつも聞いているらしい

そんな石田吉平の華麗なステップが上達したのには

中学時代のあるスポーツが関係していた?身長は?

スポンサーリンク

明治大学 石田吉平 プロフィール wiki風

和製コルビ 明治の石田吉平 身長・ステップ・嵐好き 
出典:明治大学


石田吉平  いしだ きっぺい

生年月日  2000年4月28日

身長   1.67 m (5 ft 5 1⁄2 in)

体重   75 kg (11 st 11 lb)

50m   6.3秒

高校   常翔学園高校(じょうしょうがくえん)大阪市

大学   明治大学

東京五輪セブンズ日本代表スコッド

 

スコッド(英語: squad)は、おもにラグビーにおいて国代表などのチームを編成する際に、これに先立って代表に選出される可能性の高い者を選抜して編成する選手集団を指す呼称。 選手団、強化選手の集団、強化選手集団、候補選手集団、選手集団、候補選手グループなどとも説明される。引用:Wikipedia

 

5歳からラグビーを始めたという事ですから
幼稚園時代からということでしょう

 

父親がラグビーをやっていたとか
親戚関係にラグビーをしていた人がいるとか
たまたま、幼稚園でラグビーのクラスがあったとか?

 

地域によると思いますが、探さないと、中々
ラグビーの練習をするところは少ないのではないでしょうか?

 

通常ですと、野球やサッカー、水泳あたりが子ども達の
スポーツ習い事の定番だと思います。

 

さらに調べましたら、石田吉平選手は幼少期の頃は
ぽっちゃりと太っていたので

 

近所の人からラグビーを勧められて4歳から
尼崎ラグビースクールに通い始めたそうです。

 

小学校6年生で65kg以上あったそうです。
小6で既に大人体重だったんですね

 

最近では日本もラグビー熱が高まっているので
以前より身近になってはいると思います。

スポンサーリンク

 

コルビって誰だっけ?どんなだった?

 

ラグビー初心者なので、コルビと聞いてピンとこなかった

この人

 

かわす~

 

チェスリンコルビ 石田吉平 ステップ 身長
出典:Wikipedia

チェスリン・コルビ  
1993年10月28日生まれ27歳
南アフリカ共和国出身
171㎝ 74㌔

身長は関係ない、小柄であることのメリット

 

コルビ選手も、石田吉平選手も身長は高いほうではありません
でもだからこその、動きが出来る、それは大きな武器になるんですね

 

コルビ選手と同じように石田吉平選手もステップがすごい

 

 

すごいですね、キレッキレ
大柄な選手には向かない動きというか
出来ない動きだと思います。

 

足も速いこと速いこと

 

身長が低いというと、他に思い出すのは
ワールドカップの時の南アフリカ代表

 

ファフ・デクラーク選手を思い出します

 

ファフデクラーク 石田吉平 身長 ステップ
出典:SPREAD

 

170㎝ 80㌔です。

 

この人怖かった・・・

 

デクラーク選手も海外選手としては小柄ですよね
それでも、ものすごい強敵でした。

 

果敢に大型の選手にタックル交わすし、
ボール持ったら走るのが早い早い

 

 

背が低い事を逆に武器にして戦える方法はあるって事です。

 

[ad]

石田吉平選手のステップを生み出す脚力の源

 

尼崎ラグビースクールでラグビーを続けながら
中学ではサッカー部に入部、

 

体重は徐々に減っていったそうです。

 

「足が速い選手や(相手を)抜ける選手になりたかった」という石田は、自ら公園でダッシュしたり縄跳びをしたり、インターネットでステップのうまい選手を見てマネたりしているうちに、ランやステップに自信がついていったという
引用:4ears

 

ラグビーのほかにサッカー部でランもしますし、ステップ、瞬発力は
強化できそうです。

 

ダッシュ練や縄跳び!なるほど~

 

石田吉平選手の脚力は、ラグビーだけではなく、
サッカーやダッシュ練習、縄跳び、

 

ネットで世界の選手のステップを真似たりして
鍛え上げられたのでしょう。

 

ラグビー界には他にもステップのうまい選手がいます

 

 

見て見るとやはり、大柄な選手ではなく
小柄な選手が多いように思えました。

 

石田吉平選手のステップは計算して仕掛けているそうです
何度も何度もイメージして、瞬発的にその場に応じたステップで
切り抜けていく

 

現在、日本代表候補の中でもステップやランのキレは
トップクラスだそうです。

 

今後の活躍が益々期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました