ウェンツ瑛士はミュージカル志望?CDデビューや紅白の過去とは?音楽がやりたい!

気になるシリーズ

イギリス留学後に日本の芸能界に戻ってきた

ウェンツ瑛士さん36歳

実は過去に音楽活動をしていて

CDデビューもしていたんだとか

現在も音楽をやれる場所として、ミュージカルにも出演

今後もミュージカルに出演希望なんだとか

今回はウェンツ瑛士さんのミュージシャンとしての過去や

ミュージカルへの想いを調べてみます。

 

ウェンツ瑛士 どんな人?

ウェンツ瑛士

生年月日 1985年10月8日(36歳)
出生地  東京都武蔵野市
身長   170cm
血液型  O型
活動期間 1989年 – 2000年3月
2001年 –
父親はドイツ系アメリカ人、母親は日本人。
兄が一人の4人家族
 
4歳からモデルや子役として活動
NHK「天才テレビくん」にレギュラー出演
 
 
小学校、中学校は私立の一貫校に通っています。

 
事務所は今後も芸能活動を続けるために堀越学園を勧めたそうですが
将来は普通に就職する予定にしていたため、
 
 
芸能活動を1年間休止して受験の為に時間を使いました。
 
 
そして堀越学園ではなく日本大学櫻丘高等学校に学校推薦で進みました
学校推薦で進むという事は中学での成績が良かったという事ですね
 
 
お兄さんに勧められて高校時代は小中学生相手の塾講師や
個別指導もしていました。
 
[ad]

ウェンツ瑛士 CDデビューの過去とは?

ウェンツさんは2002年から小池徹平さんと
「WaT」として、活動していました。

 

路上ライブからはじまり、ライブハウスや
イベントで活動

 

2005年11月、メジャーデビュー。
同年 紅白にも出場しました。
デビューしてすぐに紅白とは注目されていたんですね

 

ウェンツさんは幼少期からピアノを始め
ギターは高校生の17歳から始めました。

 

高校ではバンドを組んで学園祭で披露したりして
音楽にハマっていったようですね

 

小池徹平さんとの「WaT」は2016年に解散しています
理由としてはお互いに思う事は以前よりあったようですが

 

二人が同じ意識で「WaT」に取り組むことが出来なかった事が
原因の様です。それぞれに音楽だけでなく、芸能活動もあったので
同じように時間が作れなくなっていました。

スポンサーリンク

ウェンツ瑛士がミュージカルに挑戦

 

ウェンツさんはバラエティに出演しているイメージが強いですが
ドラマや映画以外にミュージカルにも挑戦しています

 

実は子役の頃
1995年~1996年の半年公演だった劇団四季ミュージカル美女と野獣に
出演しています。これが一番初めのミュージカルになりました。当時10歳

 

最近では2021年5月に
「1950年代のニューヨーク、
ショービジネスで成功を夢見る若者たちの友情と挫折」を描いた
ミュージカル『メリリー・ウィー・ロール・アロング』に
出演して、益々ミュージカルをやりたい気持ちが高まったようです

 

 

イギリスに留学に行ったのも「ミュージカル」を勉強したかったのが
一つの理由にあったんですね。

 

皆さんも、テレビの世界はもちろん、
ミュージカルの世界でもさらに上を目指しバージョンアップした
ウエンツ瑛士になるよう温かく見守って頂ければ幸いです。
というかイギリス遊びに行こう
ミスタービーンの格好して行こう!笑
引用:こうらく日和 2018年8月

スポンサーリンク

ウェンツ瑛士は音楽がやりたい!

 

小池徹平さんとユニットを組んでいたWaT時代に
やり残したことがあるそうで、
今後、再び歌にも挑戦していきたいと意欲を持っていると
2021年4月に取材に答えている記事がありました。

小池徹平さんとのユニット復活もあるかもしれません。

 

今後テレビでの活動も音楽もミュージカルも
どんなふうに挑戦してくれるのか、
どんなことをやりだすのか楽しみです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました